お問い合せ(24時間対応)弁護士が常時チェックしています。 

TEL:03-6435-9560(平日休日問わず9時から21時まで対応)
このボタンで電話
初回相談は無料です実績豊富な弁護士が今すぐあなたのお力になります
i@atlaw.jp 直接メールでのお問い合せも承ります

費用の種類

    1. 着手金…ご依頼時にお支払い頂く費用です
    2. 成功報酬…事件の成果に応じて発生する費用です
    3. 実費…交通費など、事件処理のために必要となる費用です

法律相談料・面会(接見)について

いずれも消費税込みです。

法律相談料
電話・メール・対面,いずれも無料
ただし,原則として1回に限ります。2回目以降については1回あたり1万円を申し受けております。
また,犯罪被害に関する相談は,初回より相談料を承っております(ご依頼の場合は無料)。
緊急面会(警察留置場での面会)
1回あたり 2万5000円
ご依頼中でない方で緊急で警察署での接見をご希望の場合

身柄拘束(逮捕・勾留)されている事件の費用について

捜査段階(起訴される前)で身柄拘束されている事件
着手金 10万8000円
面会(接見)1回 2万5000円(交通費込み)
報酬金 途中で釈放された場合 10万8000円
不起訴となった場合 21万6000円
事案により依頼者様と協議の上で増減することがあります。
公判段階(起訴された後)で身柄拘束されている事件
着手金 10万8000円(起訴前からご依頼の場合は0円
面会1回あたり 2万5000円(交通費込み)
報酬金 保釈された場合 10万8000円
執行猶予となった場合 21万6000円
罰金となった場合 0円
求刑より減刑された場合 0円
無罪となった場合 予めご相談下さい
事案により依頼者様と協議の上で増減することがあります。

身柄拘束(逮捕・勾留)されていない事件の費用について

捜査段階(起訴される前)で身柄拘束されていない事件
着手金 21万6000円
報酬金 不起訴となった場合 21万6000円
罰金となった場合 0円
事案により依頼者様と協議の上で増減することがあります。
公判段階(起訴された後)で身柄拘束されていない事件
着手金 21万6000円(起訴前からご依頼の場合は10万8000円
報酬金 執行猶予となった場合 21万6000円
罰金となった場合 0円
求刑より減刑された場合 0円
無罪となった場合 予めご相談下さい
事案により依頼者様と協議の上で増減することがあります。

実費について

  1. 交通費は、特別遠方で無い限り別途発生しません。
  2. 記録謄写料等の実費は、別途お支払いは不要です(着手金に含まれています)。
  3. 事務所から留置施設までの所要時間(往復)が2時間30分を超える場合は、依頼者様と協議の上、面会報酬を増額させて頂くことがあります。
  4. 通訳が必要な場合、通訳料は依頼者様にご負担をお願いしております。

弁護士費用についての考え方

当事務所は、弁護士費用の設定について、出来るだけ安価に、そして見通しがつくように、を心がけています。

安価な設定を心がけているのは、弁護士費用だけではなく、ご自身や被害者のためにお金を使って頂きたいからです

当事務所は、弁護活動内容に応じて、一括で費用を設定しております。

細かすぎ、弁護士の一挙手一投足に対して課金するような報酬設定は、リーズナブルに見えても、かえって高くつくことがあるからです。

また、中途で、お金が足りなくなり、弁護活動を中断せざるを得ないという本末転倒な結果にもなりかねません。

何をしたら報酬が発生するかが分かっていても、何がされるかは予測が難しいのですから、結局、費用が不透明になりかねません。

「弁護士報酬の『見える化』」が当事務所のモットーです。

わかりやすいだけではなく、なるべく、リーズナブルな料金設定を心がけています。

刑事事件の当事者になってしまわれた方は、生活のこと、今後のことなど、様々な面で経済的・肉体的・精神的な負担を強いられます。そのような中で、高額に過ぎる弁護士費用は、依頼者の方の今後に悪影響を及ぼし、それでは何のために弁護人を依頼したか分かりません。

当事務所では、合理的すなわち実情に合わせた廉価な弁護士費用を提案します。

費用の理念については,ごあいさつもご覧下さい。