お問い合せ(24時間対応)弁護士が常時チェックしています。 

TEL:03-6435-9560(平日休日問わず9時から21時まで対応)
このボタンで電話
初回相談は無料です実績豊富な弁護士が今すぐあなたのお力になります
i@atlaw.jp 直接メールでのお問い合せも承ります

少年事件について

少年事件は、刑罰を科すことを目的とする成人の刑事事件とは違い、少年を保護し、少年の健全な成長・発達を促すためのものです。

そのため、やってしまった非行について争いがないときは、家庭や学校、交友関係など、少年の環境を調整していくことが重要な部分を占めます。

少年が非行を犯してしまうということは、現在の環境がうまくいっていない少年からのSOSサインであることもあります。

少年を取り巻く様々な環境の調整は、あくまでも少年の意向を軸として、少年と話し合いながら行っていく必要があり、親御さんだけではどうしても難しいところがあります。また、親御さんの精神的負担は非常に大きいかと思います。

他方、少年のうちに問題を解決することができなかった人が大人になって、また間違いを犯してしまうということもあります(なお、軽微な事件であっても、少年の環境に問題があることがあり、問題が解消されないままであると、また間違いを犯してしまうおそれがあります)。

親御さんの悩みを和らげ、少年の未来を明るいものとするためにも、親御さんだけで悩まず、是非ご相談ください

少年事件の特徴

少年事件では成人の事件とは異なり、少年事件の手続にのった場合、原則として全ての事件が家庭裁判所に送られ、専門的知識をもった調査官が調査をし、少年の処遇を決めます。これは、成人の事件と違い、少年事件は少年の健全な育成を目的としているからです。

また、少年事件では、環境調整が重視されるとともに、少年と向き合い、環境を調整することで、短期間でも実感できるような変化をすることも多いことから、環境調整が重要となってきます。

少年事件における弁護士の活動

少年事件では、少年の意向を踏まえた家庭や学校、交友関係などの調整のほか、少年と面会をして少年の内省を深め、調査官や裁判官と連絡をとり、処遇意見を提出するなどします。また、被害者がいる事件では被害者との示談交渉を行い、非行事実に争いがある場合には、少年の意向を聞き、証拠を精査して非行事実を争っていきます。

少年事件における取り調べ対応

大人(成年)の事件においても取り調べ対応は重要な問題ですが、少年事件では、特に注意が必要です。

身柄が拘束されているときはもちろん、拘束されていないとしても「取り調べ」には独特の雰囲気があり、大人であっても、やってもいないこと、知りもしないことを、知らず知らずのうちに誘導されてしゃべってしまうことがあります。

特に、少年は迎合性が高い、つまり、誘導されやすいといわれています

事実の全部、あるいは一部でも争う事件においては、誘導されないように気をつけることことが特に重要です。非行の事実自体を認めていたとしても、少年自身の細かい言い回し、意見、事実認識が最終処分に大きく影響しますし、少年自身にとっても「やってもいないことの責任を負わされた」「必要以上に重い処分を受けた」と思ってしまうことは、その後の更生に悪影響を残します

また、少年本人だけではなく、その生育歴などについて、親御さんが取り調べを受けることもあります。この時の対応は、処分においても考慮されますので、しっかりとした準備が必要です

私達は、これまで、事実の争いの有無に拘わらず、取り調べ対応に慎重な配慮が必要な事件を数多く扱ってきました。その経験とノウハウを生かして、少年本人や親御さんの取り調べ対応を綿密にサポートします

審判後について

少年事件では、家庭裁判所に送られた後、早い場合は1ヶ月も経たずして審判において少年の処遇が決められますが、審判までに全てが解決するとは限りません。私どもとしては、審判までの期間ほど濃密なものでないとしても、少年に何らかの形で関わっていくことで、少年の人生がよりよいものになっていくようなお手伝いもさせて頂きたいと考えております。具体的には、少年院送致となった場合の少年院での面会、示談交渉が審判までに終了しなかった場合の示談交渉、親御さんや少年本人からの相談対応なども行っております